『ネオン・デーモン』エル・ファニングの怪しくも可憐な場面写真が解禁 (c) 2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

写真拡大

『ドライヴ』(12)のニコラス・ウィンディング・レフン監督の最新作『ネオン・デーモン』(2017年1月13日日本公開)。この作品では、究極の美を追い求めるファッション業界の裏側に渦巻く欲望を、白昼夢のような幻想的かつ煌びやかな映像で描き出されている

物語の中心となるのは女優のエル・ファニング。透明感あふれる愛らしさで『マレフィセント』のオーロラ姫になりきったエルが、本作では純真な少女ジェシーが自身の心のダークサイドに目覚めていく姿を鮮烈に演じている。今回解禁となった場面写真は、どれも鮮やかな色彩に思わず目を惹く写真たち。一点の曇りもない透き通るような白い肌と、艶やかに輝くブロンドヘアー、そして吸い込まれるような澄んだ瞳…それはまさに、一瞬の瞬きですら惜しいほどの究極の美しさ。体中血みどろな衝撃的な姿や、ベッドの上で謎の美女と見つめ合う可憐な姿など、さまざまな表情で魅了するジェシーの姿が収められている。

■『ネオン・デーモン』
2017年1月13日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか 全国順次ロードショ
(c) 2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch