右足首痛のため、9日の練習を回避した香川。オマーン戦の出場は難しいか? 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 日本代表は11月9日、親善試合のオマーン戦、ロシアワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア戦に向けてトレーニングを行なった。
 
 冒頭15分だけ公開された練習で、招集メンバー25人のうち、ピッチに姿を現わしたのは24人。練習を回避したのは香川真司で、右足首痛のため大事をとり、ジムでトレーニングとなった。
 
 また、キャプテンの長谷部誠はコンディションを考慮され、チームとは別に軽めのメニューで調整している。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】オマーン戦、サウジアラビア戦に向けたメンバー25人