9日、韓国のイ・ジェミョン城南市長から「朴槿恵は大統領ではなく日本のスパイ」との朴大統領批判が飛び出した。写真は朴大統領退陣などを求めるデモ。

写真拡大

2016年11月9日、日韓の軍事情報の共有を可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結に向けた両国間の協議が進む中、韓国のイ・ジェミョン城南市長から「この協定を締結するなら、朴槿恵(パク・クネ)は大統領ではなく日本のスパイ」との朴大統領批判が飛び出した。韓国・アジア経済などが伝えた。

イ市長は7日、自身のフェイスブックで「退陣要求を受けている朴槿恵が今このさなかに韓日軍事情報包括保護協定を締結しようとしている」として、このように朴大統領を痛烈に批判した。また、GSOMIAについて「われわれを侵略し独島(日本名:竹島)への挑発を続けている事実上の敵国である日本に軍事情報を無制限に提供するもの」と説明、こうした「売国的な」GSOMIA締結への動きを「直ちに中断する」よう求めた。

日韓両政府は9日、ソウルでGSOMIA締結に向けた2回目の実務者協議を行うが、韓国ではこうした動きについて「朴大統領の友人の国政介入疑惑などで国内が混乱していることに乗じたもの」との見方が出ている。

これについて韓国ネットユーザーからは、イ市長の意見に同調するコメントが多数寄せられた。

「状況が良くないとみるや『知らないわ。国でも売っちゃおうかしら』というとこだろう。本当におかしくなったみたいだ」
「この状況で協議をごり押しって、まともじゃない」
「これは絶対に防がないといけない」
「また日本の植民地になるかと思うと怖い」

「ああ、本当に頭に来る。朴槿恵を大統領に持ち上げた人たち、反省してくださいよ」
「この協議も朴槿恵と崔順実(チェ・スンシル。国政介入疑惑が持ち上がっている朴大統領の親友)がやらせてるのかな?困った人たちだよ」
「李明博(イ・ミョンバク)も朴槿恵もただの日本人だったか」

「いったいなぜ朴槿恵を選んだんだろう?最悪なのに」
「親日派をつまみ出すどころか、大統領までやらせてしまったなんて、はあ…」
「イ・ジェミョン市長の指摘は正しい。GSOMIAは慰安婦合意みたいないいかげんなものだ。『軍事情報の共有』なんてきれいな言葉で言われてるけど、自衛隊を日本の軍隊と国際的に認めるようなものだよ」(翻訳・編集/吉金)