「ボウイへの気持ちを取り
入れた」というファッション!

写真拡大

 女優の二階堂ふみが、今年1月10日に死去したロック歌手デビッド・ボウイさんの世界観やキャリアを総括した大回顧展「DAVID BOWIE is」のオフィシャルサポーターに就任した。

 「ずっと追いかけ続けたい憧れの男性」と語るほどの大ファンだという二階堂は、「音楽、ファッション、映画、写真、アート、全てにおいてスーパースターであったアーティスト、デビッド・ボウイの大回顧展がいよいよ日本でも開催されます。私も時代を越えて彼に出会えることをとても楽しみにしています」と期待を寄せている。あわせて、「ボウイへの気持ちを取り入れた」というファッションに身を包んだ二階堂の姿をとらえた写真も公開された。

 大回顧展「DAVID BOWIE is」は、2013年に英ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館で開催されて以来、世界9都市を巡回し、これまでに約150万人を動員。衣装、音楽、映像など、ボウイさんのキャリアを網羅する300点以上の貴重なアイテムが展示される。アジアでは日本が唯一の開催地となる。また、公式サイト(http://www.davidbowieis.jp/davidbowieis)内に設置された「あなたにとってデビッド・ボウイとは」というページでは、二階堂をはじめとする著名人のボウイさんへのコメントが掲載されている。

 「DAVID BOWIE is」は17年1月8日〜4月9日、東京・品川の寺田倉庫G1 ビルで開催。