YG、チャン・ヒョンソン出演映画「カーテンコール」に巨額を投資“信頼と応援の意味”

写真拡大

YG ENTERTAINMENTが所属俳優に対する信頼と応援のメッセージを送った。

YGは9日、映画「カーテンコール」に対する投資を確定したことを明らかにした。「カーテンコール」はYG所属の俳優チャン・ヒョンソンが主演を務めた映画で、劇団をたたむ危機に陥った三流エロ映画劇団が、最後の作品として正統派演劇「ハムレット」を上演して繰り広げられるハプニング満載のコメディ映画だ。

YG側は「映画と演劇ステージが会うという独特な題材、コメディとヒューマンストーリーが結合した完成度の高い作品に参加できて嬉しい。所属俳優チャン・ヒョンソンへの信頼と応援、支持の意味も作用した」と投資の背景を説明した。

8日ソウルCGV狎鴎亭(アックジョン) 店で開催された「カーテンコール」制作報告会当時、俳優パク・チョルミンの発言で知られることになった。

パク・チョルミンは「チャン・ヒョンソンが所属事務所の支援を取り付けるほど、映画に対する愛情が格別だった」と明かした。パク・チョルミンによると、YG側は「カーテンコール」に約1億5千万ウォン(約1323万円) に達する巨額を投資したことが知られた。