東南アジア各地で株が急落 トランプ氏の優勢で市場からリスク志向が消滅

ざっくり言うと

  • 9日の米大統領選を受け、東南アジア各地の株式市場は大幅安となった
  • トランプ氏の優勢という展開を受け、市場からリスク志向が消えている
  • シンガポール株式市場のストレートタイムズ指数は、4カ月ぶり安値を付けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング