写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジェイアール東日本都市開発は11月25日11時、「-両国- 江戸NOREN」を東京都墨田区横網・JR両国駅西口にて開業する。

同施設は、「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトにオープンする飲食施設。1929年に建造された両国の旧駅舎をリニューアルし、館内には江戸の町屋を意識した吹き抜け空間が広がる。入居する店舗は、鮨、蕎麦、天ぷらなど12の和食店。

両国は、かつて江戸最大級の庶民の街であり、江戸前の握り寿司が広まった原点でもあるとのこと。同施設は、活気や粋・遊び心があり、さまざまな食文化が成熟した江戸をテーマに、和食の魅力を伝える情報発信基地を目指す。また、食だけではなく両国が持つ観光資源を生かすため、観光案内所を設置するなど街の回遊性を高める拠点を目指すという。

外観は、直線とアーチ型でデザインされた3つの大きな窓や中央に配した駅時計など、駅舎建造当時の面影や懐かしさを生かす。夜間はライトアップし、より魅力ある街の顔として仕上げるという。

館内では、「味」「素材」「料理人」のこだわりを堪能できる12の飲食店と江戸にまつわるイベントを多数展開。訪日客や団体客にも対応した店づくりを実施する。吹き抜け空間の中央には、江戸時代の庶民の活気を感じる屋台のほか、江戸時代から両国で興行が行われていた相撲の魅力の発信として、日本相撲協会監修の土俵を設置する。

さらに、墨田区による観光案内所も設置。両国が持つ歴史や、国技館および江戸東京博物館、新たに開設される「すみだ北斎美術館」などの観光資源を生かしながら、墨田区全体の回遊性を高める拠点を目指す。また、墨田区の物産を販売するショップも併設する。

同館の開業イベントとしては、「江戸の食文化・歴史探究イベント」(11月25日)、「『Suicaのペンギン』&『ハッキヨイ!せきトリくん』が両国にやってくる!」(11月25日〜27日)、「『-両国- 江戸NOREN』オープン記念 Suicaでタッチキャンペーン」(11月25日〜27日)を、開業記念 地域イベントとして「RYOGOKU&TOKYO 両国トリップ"江戸&北斎"キャンペーン」(11月22日〜12月11日)の開催が予定されている。

(エボル)