見ただけでバイクに乗りたくてたまらなくなってしまうムービーって中々ありません。

1

でも今回紹介するサウス・トウ・サイアン(South to Sian)を見たら、間違いなくバイクで大地を走りたくなります。楽しそうだし映像きれいだしバイクもライダーもオシャレ。

古いクルマにバイクと山盛りの荷物を積んで旅する様子を見たら、「ああ、オレもこんな旅がしてみてぇ」って思うこと、間違いありません。

映画の内容は簡単。ハリソン・ローチとザイ・ノリスっていうオーストラリアの超有名なサーファーが、最高のサーフィントリップをするため70年代のランドローバー・ディフェンダー(このクルマがまたシブい)にバイク2台とたくさんのボードを積み込んでインドネシアの色々なスポットでサーフィンしたりバイクを走らせ続けるだけ。

正直な話、ストーリーも何もあったもんじゃないんです。だってただ旅してるだけだから。でもだから逆に小難しいこと考えなくていいし、ひたすら素晴らしい映像に没頭できるわけです。

「バイクに乗りたくなる映画って書いたくせにサーファー?」って思うかもしれません。

そう、実はこれ、サーフィンの映画です。バイクは2番目。

でも、バイクって主役じゃない時の方が自然にその楽しさが感じられるんだってMotoBeは思っています。

バイク主役になるどうしてもコテコテになってしまって、バイク好きじゃないと見れないものになってしまうじゃないですか。その点、この映画は誰でも見ることができます。

「えー、バイクの映画?パス」なんて言う彼女にだって、「イケメンがサーフトリップする映画だから」って言えばたぶん、「えー、じゃあ観てみようかなぁ」って言うはずです。

そして観終わった頃には「サーフィンとかバイクってなんか楽しそうだね」って言うに違いありません。この映画にはそれくらいのパンチがあります。

何がいいって、まずは登場する2人。力の入っていないユルーイ感じがいい。オシャレなんだけどオシャレすぎない。すべてが自然体。旅のスタイルもクルマのチョイスも同じ。

そしてこの人たち、サーファーの癖してメッチャバイクが上手。「いゃ、あんたらサーファーなんだからバイクはもう少し下手くそに乗ってよ。ライダーの立場ないじゃん」って思ってしまいました。

しかもジャングルの奥深いサーフィンのスポットにはバイクにボードを取り付けてノーヘルTシャツ、裸足でジャングルの中を走って行ったりします。

ユルさの極致。サンダルを履くみたいな気楽さでバイクに接している雰囲気が最高にいいんですよ。

もちろんこの2人、そんな時は無茶な走りなんてしてません。サーフィンとバイク、旅がしたくてたまらなくなる。

たぶんこの映画を見たらサーフィンもしたくなるしオフロードバイクにも乗りたくなるしバイクのカスタムもしたくなるし古いクルマも欲しくなります。そして何より旅に出たくなります。

それでいいんです。バイク好きな若者ってそういうものです。サウス・トウ・サイアンを見て「オレも人生思い切りエンジョイしてぇ」って叫んでください。

チケット販売はこちらからとなっています。

サウス・トウ・サイアン(South to Sian)と同時公開されるサーフィン映画「FISH」も見逃せません。こちらは完全にサーフィン映画でバイクは登場しませんが、サーフィンに興味がある人にはおすすめのサーフカルチャー映画となっています!

(ライター:後藤 武/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


こいつは一体何なんだ?!水陸両用のスーパーバイク「BISKI」


バイクで半袖短パンはいけないの?MotoBe編集長が思う見解


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

今すぐバイクとサーフィンがしたくなる映画「South to Sian」を見に行こう(http://clicccar.com/2016/11/09/412122/)