『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

写真拡大

現在、開票作業が進められているアメリカ大統領選挙。ヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプによる争いの行方は以前から大きな注目を集めてきたが、投票直前に『アベンジャーズ』の面々などが呼びかけを行っていたことが分かった。米Varietyが伝えた。

投票前日の今月7日(月)、投票の重要性を訴えるサイト、Save the Dayに掲載された「Vote Tomorrow(明日、投票)」というタイトルの動画には、『アベンジャーズ』の監督ジョス・ウェドンの呼びかけに応じて、同シリーズでおなじみのアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンをはじめ、マーティン・シーン(『ザ・ホワイトハウス』)、ジェームズ・フランコ(『オズ はじまりの戦い』)、ジュリアン・ムーア(『アリスのままで』)、ニール・パトリック・ハリス(『ママと恋に落ちるまで』)などが出演。「明日は重要な日だ。あなたはちゃんと投票するかな? 投票場へ向かうための車を持っていない人がいたら乗せてあげよう。誰であってもあなたが投票するのを止めることはできない」と、投票することの重要性を訴えた。

ウェドンの呼びかけによって、過去には『アベンジャーズ』のハルク役のマーク・ラファロ、ウォーマシン役のドン・チードル、ヴィジョン役のポール・ベタニーのほか、ネイサン・フィリオン(『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』)、クラーク・グレッグ(『エージェント・オブ・シールド』)、ジェシー・ウィリアムズ(『グレイズ・アナトミー』)、スタンリー・トゥッチ(『プラダを着た悪魔』)などもこのキャンペーンに参加していた。(海外ドラマNAVI)