『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオーディションを受けていたエディ・レッドメイン (c)Imagecollect.

写真拡大

イギリス人俳優のエディ・レッドメインが、シリーズ7作目の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)のオーディションについて語った。

エディは同映画のカイロ・レン役のオーディションを受けていたとのこと。カイロ・レン役はアダム・ドライバーが獲得している。

エディはニュースサイト「Uproxx」に「僕はたぶん、アダム・ドライバーの(演じた)役を受けたんだ。彼らは『スター・トレック』とか『プライドと偏見』のシーンをくれたんだよ。それらの映画の1つだったね。トップシークレットの映画は、実際のセリフはくれないんだ。『プライドと偏見』のシーンをくれたんだけど、彼らは悪人のオーディションだって言うんだよ」と話し、役作りのために「バカな声」を出したと明かした。「すごく面白いことがあったんだ。だって、ニーナ・ゴールドがいたんだよ。彼女はいくつかの映画に僕をキャスティングしてくれたから、感謝しなくちゃいけないね。彼女はそこに座っていて、僕は何度も、何度も別のバーションの『コーーー、パーーーー』(ダース・ベイダーの呼吸)をトライしたんだ。それで、10回くらいで、彼女は『ほかに何かある?』って言ったんだよ。僕は『ノー』って感じだったね」と語っている。

エディは『スター・ウォーズ』に出演することはできなかったが、『ハリー・ポッター』シリーズの『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日日本公開)で主役のニュート・スキャマンダーを演じている。