京急2100形「BLUE SKY TRAIN」をラッピング電車に

写真拡大

京浜急行電鉄とセガゲームスは、人気ゲーム「ソニック」と「ぷよぷよ」が発売25周年を迎えることを記念し、2016年11月14日〜12月17日まで「京急×セガ」記念コラボを実施する。

セガの創業地は京急空港線「大鳥居駅」周辺で、現在も羽田オフィス(開発部)を置いている地元企業であることから、この記念コラボが実現した。期間中は、京急2100形「BLUE SKY TRAIN」を「ソニック」と「ぷよぷよ」のキャラクターをデザインしたラッピング電車「京急セガトレイン」として運行する。また、「大鳥居駅」駅名看板を特別装飾の看板に変更する。

その他、ラッピング電車を撮影し、Twitterへ投稿(#京急セガトレインキャンペーン)していただいた人の中からセガゲームソフトなどのプレゼントするキャンペーンを実施する。