ふたを開けたらわかめがドーン!『ペヤングわかめMAXやきそば』食べてみた

写真拡大

 『ペヤングソースやきそば』でおなじみのまるか食品株式会社から、わかめがたっぷり入ったその名も『ペヤングわかめMAXやきそば』が11月14日より一般発売されます。発売に先駆けコンビニでは7日から先行販売が行われているというので早速ゲットしてきましたよ!

【関連:ネットでよく話題になる「ラピュタ城焼きそば」に挑戦 バルス!】

ペヤングわかめMAXやきそば

■湯切りしたらわかめがドーン

 パッケージからわかめわかめわかめと、内容の「わかめ感たっぷり」が演出されています。これは……かなりの量が入ってるに違いない。と思いつつあけてみると、乾燥わかめ入りのかやく袋と、ソースの袋が入っていました。ソースは醤油ベースだそうです。

乾燥わかめ入りのかやく袋と、ソースの袋

 かやくを入れ、沸騰させたお湯を注ぎ3分−−待った結果!しっかり湯切りし開けてみると、わかかめわかめわかめがミッチリ。湯切りした時の影響もあり、ふたの裏までわかめがくっついていました。結構なボリュームです。そこにソースを投入すると、何の香りかわかりませんがごま油に近いような、食をそそる良い香りが一瞬ただよいます。これは期待度高い!ということでいざ実食。

わかめがドーン
ふたの裏までわかめがくっついていました

■濃い味派はしっかり湯切り、薄味派は切りきらない食べ方がおすすめ

 うん。醤油焼きそばだこれ。わかめが味の邪魔をするかと思っていたのですが、そこまで磯臭くもなく、麺とソースと上手いこと絡み合っています。また、わかめがかなりの量入っているので食感の変化もあり、飽きることなくするする食べ切ることができました。

実食

 ただ個人的には好みが薄味なので、少々「味が濃い」と感じることも。でもこれは湯切りの時にしっかり切りきらず、わずかに残せば調整できる程度の範囲。筆者は今回いつものソースやきそばのノリで、かなりしっかり目に湯切りしています。普段ならわずかでも残っているとソースが薄まって苦手なのですが、今回は醤油ベースのソースなので多少残っているぐらいが食べ方としてはちょうどよさそうです。試しに途中で、大さじ一杯程度のお湯を足してみたところ、ちょうど良い好みの味に安定しました。

 もしこれから食べる方は、「濃い味派はしっかり湯切り」「薄味派は最後切りきらずわずかに残す」で調整するといいかもしれません。価格はメーカー希望小売価格175円(税別)。見た目は絶対驚くことまちがいなしのインパクトなので、店頭でみかけたらものは試しに食べてみてはいかがでしょうか。

(文:栗田まり子)