ボーイズグループToppDogg、1集アルバム「First Street」1年ぶりにファンの元へ…

写真拡大

【7日=KEJNEWS張東】ToppDoggの1集アルバム「First Street」が11月7日正午、オンライン音源サイトで公開された。1年ぶりにアルバムをリリースし、カムバックした彼らはアルバム名通り彼らの歩いてきた道と、一緒にこれから歩いていく道についての思いを込めた。

タイトル曲「雨が降ってきてそう」は去ってしまった恋人を雨に例え、雨が降るたびに恋しくなる別れの感情を歌ったナンバー。壮大なボーカルと、洗礼されたラップの調合は秋にぴったりの感性ソングとなっている。

なかでも、今回のアルバムでメンバーヤノは収録曲「Good morning」の作詞作曲、プロデューシングを行った。またナクタは「Blind」に参加、プロデュース能力も身につけたことを証明した。ほかにも別れた恋人の香りを思い出した歌「Perfume」、花びらが散る瞬間を別れに例えた「Flower」、中毒性の高いメロディーとリズムの「Sunshine」、歌詞が魅力的な「なんて言おうかな」なども収録されている。

そしてミニアルバムに収録されていた「Emotion」を、SHINeeの「Everybody」の作曲家であるコーチエンセンドがアレンジした。

なおToppDoggは、7日にアルバム発売記念ショーケースを開催し、現在カムバック活動中。(写真=フノスエンターテインメント)