「青い海の伝説」人魚チョン・ジヒョン、詐欺師イ・ミンホと手を組む(動画あり)

写真拡大

女優チョン・ジヒョンが本能に従う、飾り気のない姿で視聴者たちの心を捉える予定だ。

今月16日に韓国で放送開始のSBS新水木ドラマ「青い海の伝説」(脚本:パク・ジウン、演出:チン・ヒョク) は、絶滅寸前の地球上最後の人魚が、都市の天才詐欺師に出会い、陸上の生活に適応することから繰り広げられる予測不可能な事件を通じて、笑いと面白さを与えるファンタジーロマンスドラマで、過去と現在を行き来する縁の物語を描き、視聴者たちに新しい体験を与えると期待されている。

9日に公開した予告映像は古書「於于野譚」のある句節で始まり、「人魚を公開します」という字幕と共に、ハツラツとした魅力をアピールする人魚(チョン・ジヒョン) の姿が雰囲気を盛り上げる。

通り過ぎる船にソウルへ行く道を堂々と尋ねる人魚。済州島からソウルまで泳ぐのは簡単だと笑顔を見せた彼女は、陸地でも予測できない行動で笑いを誘う。

特に人魚はパスタを手で食べる最高のモクバン(食べるシーン) を披露して視線を集める一方、水槽の中の魚を見てうなり、無防備な天才詐欺師ホ・ジュンジェ(イ・ミンホ) を困惑させる。ついにジュンジェは「君はジャングルから来たのか? オオカミ少女なのか?」と尋ねるまでに。

しかし結局ジュンジェは純粋な魅力をアピールする人魚に「分かった。一緒に行こう」と話し、手を出す。人魚と天才詐欺師ジュンジェがどんなストーリーを描いていくのか、チョン・ジヒョンが見せる新しい人魚のキャラクターはどんな姿であるのか「青い海の伝説」に対する期待がさらに高まっている。

「青い海の伝説」側は「人魚キャラクターを誰よりも完璧に演じるチョン・ジヒョンと、天才詐欺師キャラクターで魅力を誇示するイ・ミンホの姿に期待してほしい。初放送まで1週間しか残っていない。俳優と全スタッフたちが最高のドラマを制作するため、頑張って撮影を行っている。初放送に多くの関心をお願いしたい」と伝えた。