8日、中国の消費者が最も「自分に合っている、関連性を感じる」ブランドは、中国最大規模のオンライン決済サービス「アリペイ(支付宝)」であることが分かった。写真はvivoのスマートフォン。

写真拡大

2016年11月8日、中国の消費者が最も「自分に合っている、関連性を感じる」ブランドは、中国最大規模のオンライン決済サービス「アリペイ(支付宝)」であることが分かった。澎湃新聞が伝えた。

これはブランド戦略を専門とするコンサルティング会社、米プロフェットがこのほど発表した「ブランド・レレバンス・インデックス」によるもので、中国の消費者約1万人を対象に、中国および海外の24業種、計279社から「消費者を夢中にさせる」「実用性がある」「インスピレーションを与える」「革新的」という四つの基準から選んだブランドトップ50を発表した。

それによると、中国の消費者が最も「なければ生活できない」と考えているブランドは、4億5000万人の利用者を抱える「アリペイ」で、中国人気ナンバーワンのメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が続いた。

スマートフォン関連では、中国ブランド「vivo」が17位に入り、23位の中国ファーウェイ(華為技術)、27位の米アップル、45位の韓国サムスン電子を上回るという意外な結果も出ている。プロフェットは、vivoについて「低価格路線の他の中国ブランドとは異なり、高級路線で人気を集めている」と指摘している。

トップ50入りした中国ブランドは18だった。(翻訳・編集/柳川)