北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、米国が軍事同盟拡大の動きを本格化させていると非難する論評を掲載した。

同通信は、米国が日本の米海兵隊基地に16機のF35ステルス戦闘機や新型駆逐艦、米第31海兵遠征隊などを配置しようとしていると指摘。

これに対して「米国主導のアジア版『NATO』武力を創設しようとする危険な企図の一環である。日本、南朝鮮などとの『安保』同盟に基づいて地域諸大国をけん制するための冷戦構造維持戦略である」と主張した。

さらに、「南朝鮮・日本との『同盟』をアジア太平洋戦略の『礎石』『核心軸』に宣伝して自国のアジア太平洋戦略実現の突撃隊に利用している」と非難した。

そのうえで、「米国によって北東アジアに新しい軍事同盟が形成されれば、それは名実ともに一つの戦争同盟として、北東アジアはもちろん、アジア全域を軍事的対決状態に追い込むことになるのは明らかである」と強調した。