イ・ジュンギ、ドラマ部門の話題性1位を獲得…日本を含むアジアツアーも開催

写真拡大

俳優イ・ジュンギがTV出演者話題性1位を占めた。

8日、TV話題性分析機関グッドデータコーポレーションが発表した内容によると、先週一週間TV出演者のイシューと話題性調査の結果、ドラマ部門1位をイ・ジュンギが占めた。非ドラマ部門1位にはJTBC「舌戦」のユ・シミンが上がった。

イ・ジュンギは今月1日に放映が終了したSBS「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」でカリスマと繊細な感情演技を演じ好評を受けた。それだけでなく「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」は中国、香港、台湾など中華圏をはじめとして北米、ヨーロッパでも人気を呼んでおり、イ・ジュンギがグローバルスター走者に選ばれている。

ドラマ放映終了後イ・ジュンギは、12月3日ソウルから始まるアジアツアーの準備に本格的に突入する。イ・ジュンギの所属事務所NAMOO ACTORSは、今週内にソウル公演チケットの日程をイ・ジュンギ公式ホームページと所属事務所ホームページに発表する予定だ。

NAMOO ACTORSの関係者は「色々な世論調査において、イ・ジュンギが勢いを見せている。大衆の愛に感謝のほかない。本人も感動を受けており、アジアツアーなど日程に最善を尽くして参加し、ファンのみなさんの愛に報いたいという覚悟だ」と付け加えた。

イ・ジュンギのアジアツアーはソウル、日本、台湾公演が確定しており、この他の地域については現在も議論中だ。