『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』 Photo of Robert Frank by Lisa Rinzler, copyright Assemblage Films LLC

写真拡大

ドキュメンタリー映画『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』が2017年4月から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(6枚)】

1924年にスイスのチューリッヒに生まれ、1947年に渡米した写真家のロバート・フランク。アメリカ全土を旅して撮影した1958年出版の写真集『The Americans』などの代表作で知られほか映像作家としても活動し、ビートニクの作家たちを映した『プル・マイ・デイジー』やThe Rolling Stonesの北米ツアーに同行した『コックサッカー・ブルース』などの作品を発表している。

『アメリカンズ ロバート・フランクの写した時代』は、本日11月9日に92歳を迎えるフランクの人生や彼が辿ってきた時代を、膨大な数の写真や映像と共に振り返る作品。作中にはボブ・ディランの楽曲が使用されている。

なお11月11日から東京・上野の東京藝術大学大学美術館 陳列館でフランクの展覧会『Robert Frank: Books and Films, 1947-2016 in Tokyo』が行なわれる。