贅を尽くした逸品の数々

写真拡大

まさしく“贅の極み”。

【写真を見る】「シャトーブリアンのカツレツ 自家製トリュフ塩とトリュフ添え」

焼肉うしごろ西麻布本店・銀座店」が、世界三大珍味であるキャビア・フォアグラトリュフと至極の焼肉を存分に堪能できる、「極みトリュフコース」(税別13800円)を数量限定で販売開始した。

“伝説の裏メニュー”と称される同コース。噂に違わず、贅を尽くした究極のメニューとなっている。刺身では、「ザブトンの炙り握り 生雲丹添え 特製昆布醤油」や「和牛とキャビアのタルタル」などが登場。揚げ物は「シャトーブリアンのカツレツ 自家製トリュフ塩とトリュフ添え」、椀は「フカヒレと和牛のコンソメ」。

肉料理は「厳選赤身のステーキとフォアグラの味噌漬け トリュフと山わさび」で、焼肉も「シャトーブリアンのミルフィーユ」と「ザブトンのトリュフすき焼き」という豪華絢爛さ。

国産黒毛和牛のなかでも最高級とされるA5ランクのみ使用。素材を厳選して繊細さにこだわった、上品で深みがある味わいの逸品料理ばかりとなっている。

心のこもった細やかなサービスとゆったりと落ち着いたシックな空間で、圧倒的な“肉力”を前にすれば、感動すること間違いなし。【ウォーカープラス編集部/コタニ】