“韓国文化界の王子”チャ・ウンテク映像監督、空港で逮捕…チェ・スンシル氏に関する質問には沈黙

写真拡大

チェ・スンシルとともに国政介入の疑惑を受けている“文化界の王子”ことチャ・ウンテク映像監督が検察に逮捕された。チャ・ウンテク監督はトップ歌手のMVを制作するなど、韓国で有名な音楽監督である。

検察特別捜査本部(本部長:イ・ヨンリョルソウル中央地検長) は8日午後10時10分頃、事前に発された逮捕令状により、仁川(インチョン) 国際空港でチャ監督を逮捕した。チャ氏は同日午後8時頃、中国・青島から中国東方航空の飛行機で帰国した。

チャ氏は入国ロビーで「物議を醸し大変申し訳なく、反省している。検察で事実通りに話す」と伝えた。チャ氏は元青瓦台(韓国大統領府) 政策調整首席のアン・ジョンボム氏(57・拘束) は少し知っているが、元民政首席のウ・ビョンウ氏(49) はあまり知らないと明かした。

朴槿恵(パク・クネ) 大統領とは公の場で数回会ったことがあり、単独で会ったことはないと話した。人事介入疑惑と崔順実との関係については答えなかった。

チャ氏は今回の国政介入事態の始まりとなったミル財団を実質的に構成し、運営した人物として取り上げられている。朴槿恵政府では創造経済推進団長、大統領直属文化繁栄委員会などとして活動し、文化・スポーツ関連の様々な利権と政府の人事に介入した。