10月に来日したメリル・ストリープ

写真拡大

 最新作「マダム・フローレンス」が話題の名優メリル・ストリープが、2017年のゴールデングローブ賞でセシル・B・デミル賞を授与されることが明らかになった。

 セシル・B・デミル賞は、長年に渡り映画界に貢献してきた人物に贈られる特別功労賞。近年はデンゼル・ワシントン、ジョージ・クルーニー、ウディ・アレン、モーガン・フリーマン、ジョディ・フォスター、ロバート・デ・ニーロ、マーティン・スコセッシ監督、スティーブン・スピルバーグ監督らに贈られている。

 同賞を主催するハリウッド外国人記者協会は、来年のゴールデングローブ賞のセシル・B・デミル賞にストリープを選出。同賞ではノミネートが29回、うち8回で受賞している。アカデミー賞でも史上最多となる19回ノミネートされ、3回受賞している。

 最新作「マダム・フローレンス」では、絶世のオンチでありながら米音楽の殿堂カーネギーホールでコンサートを行った実在の女性を熱演している。ゴールデングローブ賞授賞式は、17年1月8日(現地時間)に開催。人気コメディアンのジミー・ファロンが初司会を務めることになる。