(株)クロニクル(TSR企業コード:298149010、法人番号:3010401084596、港区南青山1−20−2、設立平成21年10月、資本金2000万円、山際美季社長)は11月2日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には堤健太郎弁護士(堤法律事務所、千代田区外神田3−16−13、電話03−5289−9130)が選任された。
 負債総額は約5600万円。

 大手映画制作会社を経て独立した映画プロデューサー、山際新平氏が設立。同氏は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「ファンタスティポ」「ジュブナイル」など話題作のプロデューサーとして知られていた。平成27年には実際に廃校となった三重県内の中学校を舞台にした映画「校歌の卒業式」を制作していた。
 ところが27年12月、山際新平氏が急逝したことから実質的に事業継続が困難となり、債務整理を進めるため今回の措置となった。