非常識ね..!彼ママにダメ認定されちゃう「箸使いのNGマナー」4つ

写真拡大

Nosh

大好きな彼との仲が長く深まるにつれて、彼ママと会う機会って増えてきますよね。
そんな女子にとっては緊張するとき、失敗は避けたいもの。「この子、非常識ね……!」なんて思われちゃうのは絶対回避したい!
そこで今回は、もし彼ママの前でやってしまえば“ドン引き”されかねない、“箸使いのNGマナー”をご紹介します。

■おさえておきたい!「箸使いのNGマナー」
(1)「逆さ箸」
彼の実家にお邪魔して、食事をごちそうになるシーン。誰だって緊張するものですよね。
だからといって、大皿料理やサラダをいただく際、気を遣って、口をつけていない箸の反対側で取り分けてしまっていないでしょうか?
これは「逆さ箸」と言い、実はマナー違反なんです。直箸を使いましょう。

(2)「探り箸」
談笑しながら食事を楽しんでいると、何気なくやりがちなのが「探り箸」。
器に取った食べ物を、箸で探ってから口に運ぶのはNGです。

(3)「すくい箸」
これもマナー違反だと知らずに、ついついやってしまう人が多い「すくい箸」。
スプーンのようにお箸で食べ物をすくうのは止めましょう。食べにくいお料理でも、少しずつ丁寧にお箸でいただくのが正解です。

(4)「ねぶり箸」
これをやってしまえば、彼ママドン引き間違いなし! それが「ねぶり箸」です。
食事を一緒にとっている人を不快な気持ちにしてしまうマナー違反は絶対避けたいですね。

参考文献:『プリンセス・マナーブック〜上品なのにかわいい』
井垣利英 著(大和書房)
http://www.daiwashobo.co.jp/book/b165424.html

★女子が“知りたい!”情報はNoshで
http://nosh.media/