画像

写真拡大 (全2枚)

 営業支援ツールの提供などを行うソフトブレーンは、IBM Watsonを活用し「Pepper」と顧客の自然な会話、応対を実現する「eレセプションマネージャー for Guide」の提供を開始した。

 ソフトブレーンは、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」向けの受付アプリ「eレセプションマネージャー」に、IBMのコグニティブ・コンピューティング技術を活用したソリューション「eレセプションマネージャー for Guide」の提供を開始した。

 同ソリューションでは、顧客がPepperに「〜に行きたい」「〜に会いたい」などの用件を伝えると、IBM WatsonのAPIの一つであるNLC(Natural Language Classifier、自然言語分類)で用件を認識。電話で適切な担当者を呼び出す、Pepperの音声とタブレットで場所を案内するといった自然なコミュニケーションを実現する。

MarkeZine編集部[著]