【写真を見る】「太りすぎ」と言われたという2014年のカーラ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

トップモデルのカーラ・デルヴィーニュは、太りすぎているという理由でヴィクトリアズ・シークレットのショーへ出演することを却下された経験があったと英紙ザ・サンは報じている。

【写真を見る】2013年、モデルとしてランウェイに登場したカーラ・デルヴィーニュ/写真:SPLASH/アフロ

同紙によれば、カーラは2014年にヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーへ出るためオーディションを受けたが、「太りすぎ」という理由で出演させてもらえなかったという。カーラは2012年と2013年には同ブランドのショーに出演しているが、翌年は下着モデルに求める厳しいプロポーションの基準を満たせなかったそうだ。

しかし、この記事を読んだカーラは激怒したようで、同ブランドのチーフ・マーケティング・オフィサーから受け取った手紙の写真をインスタグラムにポスティングした。

11月3日付でカーラに宛てられたその手紙には、「事実関係を我々に確認しなかったザ・サン紙の報道とは反対で、我々はあなたをロンドンのショーに起用しようと努力しました。自分がその努力をした人間なのでよく知っています。実際、あなたは他のモデルが決まる何か月も前、最初に招待されたモデルだったのです」

「ここで言及されているオーディションのようなものもありませんでした。必要ないのです。あなたを起用したいとこちらは熱望していました」と書かれており、カーラが同年のショーに出演しなかったのは米国で映画の撮影に参加していたからだということも記述されている。

このポスティングを受け、ザ・サン紙のサイトからは問題の記事が削除されていると英国版ハフィントン・ポストは伝えた。【UK在住/MIKAKO】