写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NRIセキュアテクノロジーズとGEデジタル傘下のWurldtech Security Technologies(ワールドテック)は11月8日、産業用制御システムの制御・運用技術におけるセキュリティ(以下、OT(Operational Technology)セキュリティ)分野において、日本国内における対策支援の協業について合意したことを発表した。

これに伴い、NRIセキュアは、ワールドテックが策定した産業用制御デバイスの認証プログラム「Achilles Certification(アキレス認証)」を提供する第三者機関となった。

両社は、産業用制御システムやIoTシステムのセキュリティ強化を検討する企業に対し、両社の協業によってコンサルテーションからソリューションまでをワンストップで提供し、ITセキュリティとOTセキュリティの両面での支援を目指す。

協業の下、「制御システムに対するセキュリティコンサルティングサービス」「Achilles Certificatioサービス」「制御システムに特化したIPS OpShieldのセキュリティログ監視サービス」を提供する。

コンサルティングサービスについては、NRIセキュアが、制御システムやIoTシステムを取り扱う、NRIセキュアとGEデジタルの顧客に対し、産業用制御システム・デバイスに関する「セキュリティ動向調査の実施と分析」、「セキュリティ対策状況の第三者評価」、「セキュリティガイドラインの作成」、「セキュリティ対策に関する実行支援」などを提供する。

「Achilles Certificationサービス」については、NRIセキュアが国内の企業が迅速に同認証を取得するための支援を行う。

ワールドテックは、制御システムにおけるデータトラフィックを、コマンドレベルで監視・制御するためのIPS「OpShield」を提供しており、NRIセキュアが提供している「セキュリティログ監視サービス」において、「OpShield」のログに対応できるよう、検討を進めているという。

(辻)