写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東海東京証券は11月7日、投資初心者向けのロボアドバイザー「カライス」の提供を開始した。

カライスは、インターネット上で7つの質問に回答するだけで、その回答から導き出されるリスク許容度をもとに、利用者ごとに最適なポートフォリオと適切なバランス型ファンド(自動リバランス付)を診断結果として提示する個人投資家向けのサービス。これにより、投資経験や専門知識がない投資初心者でも、リスク許容度に応じた国際分散投資を手軽に始めることが可能となるという。購入手数料無料で、信託報酬は0.5%(年率・税別)。

カライスは、成功、命中といった意味を持つパワーストーン、トルコ石のラテン語・古代ギリシャ語での呼び名。利用者のはじめての投資、ベーシックな投資を成功させたい、という思いが込められているとのこと。