食後のゴロ寝だけで!? 痩せるには「肝臓」が重要だった!

写真拡大

 かつて「食後にすぐに寝ると牛になる」とはよく言われたものですが、実は寝方によっては“痩せられる”可能性があることがわかってきました!

 そんな方法が紹介されていたのが、MBS系列の番組「サタデープラス」で紹介されていた、肝臓を温めながら食後にゴロ寝するだけのダイエット法。そもそも肝臓は基礎代謝のうちの27%を担う臓器。つまり、人間の基礎代謝のうち、約3分の1を担っているというんです。

 そしてこの肝臓を温めると血流量が増し、肝臓機能が高まることから代謝アップが見込め、太りにくく痩せやすい体になるという仕組みなのだとか‥‥。

 ただし、ルールが2つあるそうです。一つは頭と脚を20〜30cm程度上げること。こうすると、肝臓に血液が流れることから、肝臓の働きが活性化するそうです。そしてもう一つのルールが、必ず10〜15分以内にとどめるということ。30分以上ゴロ寝してしまうと、やはり太ってしまうのだとか‥‥。

 こんなにラクして痩せられるなら、ぜひとも試してみたいですね。でも、くれぐれもそのままグッスリ朝まで眠らないよう、気をつけてください。