画像

写真拡大

 ジーニーの「GenieeDSP」と「DoubleClick Ad Exchange」が接続を開始した。これにより、ジーニーが管理するプレミアム枠に対しPMPで一括配信できる。

 ジーニーは、同社の「GenieeDSP」とGoogleのアドエクスチェンジ「DoubleClick Ad Exchange」を接続し、アプリ広告枠・Web広告枠に対するPMP配信を可能にした。

 これにより、GenieeDSPを利用する広告主・代理店は、Google ディスプレイ ネットワークへ中間事業者を介さず直接PMPで入札が可能になり、プレミアムメディアのビルボードや動画など、ジーニー独自の広告枠を優先的に買い付けることができる。

 また、メディア企業は、ジーニーを通じて「DoubleClick Ad Exchange」を導入することで、接続している多数のDSPに加えて、ジーニーとGenieeDSPを使用する全ての広告主・代理店からPMPやプライベートオークションにより価値の高い広告が配信され、更なる収益改善が見込まれる。導入に際しても、設計から運用、最適化配信まで全てジーニーがサポートする。

MarkeZine編集部[著]