ベネディクト・カンバーバッチ

写真拡大

『SHERLOCK』シリーズや『ドクター・ストレンジ』の大ヒットで世界中にファンを持つベネディクト・カンバーバッチが、5日(土)米NBCの『サタデー・ナイト・ライブ(以下SNL)』でホストを務めた。アメリカ大統領選を控えた最後の放送ということもあり、大注目の回となったが、残念ながらファンの反応は微妙だったようだ。

シーズンごとに固定されたレギュラーメンバーと、週ごとにホストと音楽ゲストを迎え生放送されるSNLは、映画やドラマで活躍する俳優がレギュラーメンバーと一緒にスケッチコメディに出演しながら番組が進行していく。コメディを演じるイメージのない俳優が時には体を張ったコントにも挑戦することから、毎週ホストが決まるたびに大きな話題になっている。

今回、ベネディクトが挑戦したスケッチの中でファンの反応が大きかったのは、ブロンドのウィッグを被った男性ストリッパーに扮し、再婚のお祝いをしているおばあちゃんにセクシーなダンスを披露するというもの。彼が普段演じることの多い天才肌のキャラクターとはあまりにイメージがかけ離れてしまったせいか、Twitterでは「ベネディクトがストリッパーをやったコント、ぞっとしたんだけど」といったツイートも見受けられた。他には「なぜベネディクト・カンバーバッチはセクシーなのか?」というクイズ番組に見立てたコント(彼自身が回答者として登場)や、1984年のマッキントッシュの伝説的コマーシャルをパロディにした「Cool Toilet」、男子生徒に想いを寄せる大学教授に扮した「Office Hours」などのスケッチに登場した。

米Deadlineによると、ベネディクトがホストを務めた回のレーティングは5.8。これは10月1日から放送されているシーズン42では、トム・ハンクスが出演した10月22日(土)の6.1に続き2番目に高いスコアだが、米TV Lineの一般投票の評価はDとFが27パーセントずつという厳しい結果になった。

また、同番組の人気コーナーの一つでニュース番組をパロディにした「Weekend Update」には、元SNLメンバーのビル・マーレイ(『ゴーストバスターズ』)とダナ・カーヴィ(『ウェインズ・ワールド』がゲスト出演した。

ベネディクトが主演を務める『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)