画像

写真拡大 (全2枚)

 伊藤忠商事、毎日新聞社、全国信用協同組合連合会および、ミュージックセキュリティーズがクラウドファンディング事業に参入する。2016年12月上旬を目途に「MOTTAINAIもっと」サービスを開始する予定。

 伊藤忠商事、毎日新聞社、全国信用協同組合連合会および、ミュージックセキュリティーズ(以下、MS)は業務提携。2016年12月上旬を目途に新サービス「MOTTAINAIもっと」を開始し、クラウドファンディング事業に参入する。
サービススキーム

 「MOTTAINAIもっと」は、ワンガリ・マータイさんが提唱した世界共通語「MOTTAINAI」の考え方をもとに、「クラウドファンディング」を組み合わせ、地域から発信する新しいアイデアや製品、新しいことに挑戦する人々の想いを、知ってもらい、応援してもらうための購入型クラウドファンディングサイト。

 MOTTAINAIブランドのマスターライセンシーである伊藤忠商事とMSが同サービスを共同運営し、全国信用協同組合連合会との提携を通じて、信用組合がプロジェクト案件の発掘・募集をサポートする。毎日新聞社は特色あるプロジェクトを新聞紙面等に掲載する。これにより、これまでクラウドファンディングを知らなかった層を中心に、各地域に資金が回る仕組みを構築していく。

MarkeZine編集部[著]