「日本カー・オブ・ザ・イヤー2016-2017」の「10ベストカー」が選出されました。今年、とくに上半期は新車不作といえるほどフルモデルチェンジ、ブランニューモデルが少なく、また複数の要因で当初の発売予定から延期するモデルもいくつかありました。

全35台のノミネート車から選出された「10ベストカー」は下記のとおりで、数少ない新型車から選ばれているだけに順当といえるでしょう。

●スバル インプレッサスポーツ/G4

1

●トヨタ プリウス

●ホンダ フリード/フリード+

 

●日産 セレナ

 

●BMW M2クーペ

 

●アウディ A4シリーズ(セダン/アバント/オールロードクワトロ)

 

●ジャガー F-PACE

 

●アバルト 124スパイダー

 

●メルセデス・ベンツ Eクラス

 

●ボルボ XC90

軽自動車が1台も入っていないのは新型車不足ですから仕方ないところでしょうか。今秋と噂されていた通り新型ワゴンRが発売されていれば10台に入っていたはず……ともあれ、この10台の中から12月9日に「カー・オブ・ザ・イヤー」が選出されます。

なお、今年も読者の皆様参加できる「clicccar of the year(クリッカーオブザイヤー)」が開催される予定です。詳細は後日発表されますのでお待ちください!!

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘、FCAジャパン)

今年は新車不作!?「日本カー・オブ・ザ・イヤー2016-2017」の10ベストカーが決定(http://clicccar.com/2016/11/09/415230/)