画像

写真拡大 (全5枚)

 激化するプロモーション合戦、各社があの手この手を繰り出します。イギリスのデリバリーピザ業界では、ピザハットがあっと驚く注文方法を考案しました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

●キャンペーン概要

 時期:2016年
 国名:UK
 企業/ブランド:Pizza Hut
 業種:飲食店

■好きなメニューは肌身離さず

 イギリスで毎月注文されるピザの数は約300万枚。競合同士のプロモーション合戦が激化するピザデリバリー業界で、ピザハットが斬新なピザの注文方法を考案しました。

 ピザの注文に使うのは、なんと『タトゥー』。と言っても、シールのように肌に貼るフェイクタトゥーで、簡単に消すこともできます。

 デザインは、真ん中にQRコードが描かれたピザ。QRコードには、事前にその人のお気に入りのピザの種類と住所が登録されています。

 そしてタトゥーにスマートフォンをかざすと、QRコードの情報を読み取り、ボタン1つで最寄りのピザハットのお店に、お気に入りのピザを注文できるようになっているのです。

 ピザの受け取り方法は2通り。お店に取りに行くか、家までデリバリーしてもらうことも可能です。

 特に必然性がないにもかかわらず、注目を集めるために考案されたピザ注文用のタトゥー。前代未聞の突飛なプロモーションを仕掛けて、話題を絶やさないピザハットの最新PR事例でした。

●動画はこちら

uk from aban on Vimeo.

●先週の紹介キャンペーン

人気キャラクターと顔交換!ネットフリックスのSnapchat活用PR「#NetflixSwap」

 記事転載元:AdGang

山田 健介(株式会社PR TIMES)[著]