走りのパフォーマンスと上質感にこだわった最上級グレード

写真拡大

富士重工業は、2016年7月に大幅改良を施したスポーツカー「SUBARU BRZ」に最上級グレード「GT」を追加し11月7日に発売した。「SUBARU BRZ」は、「Pure Handling Delight 新しい次元の運転する愉しさ」をコンセプトに掲げ、FRレイアウトと水平対向エンジンからなる「超低重心パッケージング」を採用し「誰もがクルマを操る愉しさと喜びを感じることのできる」という。

大幅改良ではエクステリアデザインを一新し、スバルらしいスポーティさを強調。さらに、インテリアの質感を大幅に高めることで、洗練されたスポーツカーへと磨きをかけたという。

「GT」は進化の象徴として、走りのパフォーマンスと上質感にこだわった最上級グレード。ZF製SACHS(ザックス=ドイツの老舗自動車パーツメーカーFZのブランド)ダンパーやbrembo製ブレーキ、専用17インチアルミホイールを装備し、操縦安定性をアップさせた。

価格(税込)は331万5600円〜337万5000円。