8日、中国青年報が実施した大気汚染対策に関する調査で、多くの市民が当局が発表するデータに不信感を持っていることが明らかになった。写真はスモッグに見舞われる北京。

写真拡大

2016年11月8日、中国当局が大気汚染対策に力を注ぐものの、今月2日から6日にかけては「過去にほとんど例のないレベル」と言われるほどの広範囲かつ重度の汚染が観測された。そんな中、中国青年報は市民約2000人を対象に実施したアンケート調査の結果を発表。この中で「当局の取り組みの成果を実感している人はわずか29.5%」という実態が明らかになった。

大気汚染の深刻な中国では汚染物質を排出する企業へのペナルティーなどさまざまな対策が行われており、当局は「汚染を観測した日数が減少した」「汚染濃度が下がった」などと改善が進んでいるとするデータを発表している。しかし、同紙の報告によると、当局が発表するスモッグ関連のデータに注目していると答えた人は69.4%に上ったが、「発表された数値を実感できる」と答えた人はわずか29.5%。66%の人が「データに不信感を持っている」と答えた。

北京市で暮らして6年になるという女性は、「スモッグがひどい時はビルの16階にある会社から下を通る人や車を見ることができない」「風が吹いてようやく青空が見える」と語る。また、「スマホで大気汚染指数をチェックするのが日課」と話す黒竜江省牡丹江市の男性は「以前、スモッグが大きな話題になった時、牡丹江はPM2.5の数値が低い都市の上位10位にたびたび入っていた。市内に住む自分としては信じられなかった」とコメント。今回の調査では「(大気汚染は)数字の上では改善しているが、実感できるレベルには達していない」と答えた人が34.4%に上り、「成果が上がっているとは思わない」という人も40.6%いた。また、ある回答者は「大気汚染対策の成果」として思い浮かぶこととして「青空」を指摘。「青空が見える日が増え、マスクをしなくても外出できるようになれば、空気がきれいになったことが自然と分かる」と話した。(翻訳・編集/野谷)