「新宿スワンII」激闘予感させるポスター (C)2017「新宿スワンII」製作委員会

写真拡大

 綾野剛主演、園子温監督作「新宿スワン」の続編「新宿スワンII」が2017年1月21日に公開されることが決定し、全キャストが明らかになった。浅野忠信を筆頭に、広瀬アリス、上地雄輔、高橋メアリージュン、要潤、中野英雄、笹野高史、椎名桔平が新たに参戦。あわせて予告編も完成し、前作から続投する面々はもちろん、個性豊かなキャスト陣が勢ぞろいしている。

 和久井健氏の人気コミックを映画化した前作「新宿スワン」は、眠らない歓楽街・歌舞伎町で繰り広げられるスカウトマンたちの闘争を描き、累計興行収入13億円、観客動員数97万人を記録。続編は原作でも人気の高い「横浜編」を映像化し、主人公・白鳥龍彦(綾野)が横浜ウィザード社長・滝正樹に挑むさまを描いた。

 国内外で輝きを放つ浅野が、「新宿スワン」史上最恐と名高い滝を演じる。「漫画の顔が似ていて横浜出身ということもあり、これは自分がやらせていただけるならと思いました」と明かし、「強さの中にある緊迫感と彼の背負った“さだめ”は、演じていてとても楽しめました。それぞれの俳優さんの迫力はかなり見ものです!」とアピールしている。

 さらに「銀の匙 Silver Spoon」「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」の広瀬はヒロイン・小沢マユミに扮し、キャバクラ嬢役に初挑戦。撮影を「綾野さんには本当に引っ張っていただきました」と振り返り、「マユミという女の子を演じるにあたって壁がたくさんありましたが、現場では綾野さんは常に龍彦として接してくださったので、自分もマユミとしてそこにいることが出来ました」と最敬礼だ。

 また予告では、アクション監督・谷垣健治(「るろうに剣心」)が手がけたアクションの数々を確認することができる。巨大看板が次々と倒れるなか疾走する龍彦や、殴り合いの最中、高所から落下する龍彦と滝の姿などを収めている。そして、前作から引き続き「MAN WITH A MISSION」が主題歌、「UVERworld」挿入歌を担当している。

 パワーアップした今作も座長としてけん引した綾野は、「エンドロールを見終わった時、素直に体感しました。続編を皆様に届けられることへの喜びと奇跡に感謝しかないと」とコメントを寄せる。「このあふれる気持ちを早く皆様と共有したい。そして、『新宿スワンII』にしか生まれることのない熱量とともに『いくぞーーー!』と燃え上がっています」と怪気炎をあげている。

 「新宿スワンII」は、伊勢谷友介、金子ノブアキ、深水元基、村上淳、豊原功補、山田優、久保田悠来、吉田鋼太郎らも続投している。17年1月21日から全国公開。