「Inclined Bed Therapy HP」より

写真拡大

●参考になった樹液の循環システム

 世の中にはさまざまな健康法が存在する。だが、それらを始めて続けるに当たって、手間、根気、勇気、出費などを要するものも多い。もちろん、そんなことでためらうようでは、自分の健康を真剣に考えていないだけだということになるのだろうが、差し迫った状況に直面していない限りは、億劫に感じられる人々も多いのではなかろうか。

 近年、注目されつつある健康法で、そんな方々にとってぴったりのものがある。それは、機械工学を専門とするイギリスのアンドルー・フレッチャー氏が1990年代半ばに開発したIBT(Inclined Bed Therapy)、すなわちベッド傾斜療法である。必要なものは、コンクリートブロック、レンガ、材木、電話帳など、丈夫で厚みのあるものならなんでも構わない。IBTは、頭が高くなるようにベッドの脚を持ち上げ、傾斜させて寝るだけの健康法である。

 だが、その効果は絶大で、循環器や呼吸器の病気をはじめ、糖尿病、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症(MS)、脊髄損傷、脳性小児まひ、静脈瘤、慢性静脈不全、下腿潰瘍、乾癬、不整脈、不眠症、偏頭痛、浮腫、頻尿など、さまざまな病気が改善するとされる。

 1997年の国際フェアで注目を浴びるようになったIBTは2000年、健康改善に大きな効果をもたらす健康法としてイギリスのテレビニュースでも報道された。そのなかで、背部損傷でほとんど足を動かせなくなり、10年間車いす生活を余儀なくされてきた男性が登場し、IBTを試してみると、まもなく立ち上がれるようになり、歩行訓練を始めつつある事例が紹介された。

 フレッチャー氏がIBTを開発したきっかけは、樹木における水の循環に関心を抱いたことに遡る。彼は、背の高い樹木がいかに水を根から葉へと持ち上げるのかという一方向だけではなく、下に降ろしていく方向も含めて、いかに循環させるのかということに注目した。

 植物の細胞は細胞液で満たされていて、それを覆う細胞膜は半透膜となっている。水や小さな物質は通すが、大きな物質は通さない。細胞液の濃度が高いと、外部から水を吸収しようとし、濃度が低いと、外部へと水を放出させる。

 植物は葉から水分を蒸発(蒸散)させるため、葉において細胞液は濃縮される。そのため、細胞液の濃度を下げようと外部(例えば、枝の方向)から水を吸い上げようとする。一方で、根における細胞液は濃度が最も低くなっているが、それでも、土壌中の水よりは濃度が高く、やはり浸透圧の原理で水を吸収していく。つまり、根、幹、枝、葉という順番で、高い位置に存在する細胞液ほど濃度が高くなっていき、それによって水を吸い上げるポンプ機能が生まれているというのが一般的な解釈である。なお、幹や枝においては、水の凝集力、わかりやすくいえば、水分子同士が引っ張り合う表面張力も関係している。

●体液の循環に重力も関与している?

 だが、フレッチャー氏はそのような解釈に加えて、重力の効果も寄与しているのではないかと考えた。つまり、葉において細胞液の濃度が高くなるということは、細胞液の密度が高まり、最も高まった地点からは重力で下向きに落ちていく効果が加わる。その際、水の凝集力が後続の水を引っ張ることになる。下向きに流れる細胞液は上向きに流れる細胞液よりも常に濃厚となっていて、根において土壌から吸収する水で再び薄められる。このように、重力は浸透圧による作用を助け、循環を促すと考えたのだ。

 フレッチャー氏はこれを人体に当てはめてみた。

 例えば、肺循環において、心臓から出た血液は肺の毛細血管に入り込み、呼吸で二酸化炭素を放出して酸素を取り込むと同時に、水分も蒸発させるのではなかろうか。それで、血液は肺を通る際に濃縮される。また、体循環においては、例えば腎臓に流れ込む動脈血は、静脈に出ていく静脈血よりも濃厚になっている。そこに重力の効果が加わって、心臓のポンプ機能を助けているのではないかというのだ。

 我々が垂直に立ち続けている場合、重力は血液の循環を妨げる傾向はある。この点に関しては、脚が疲労するだけでなく、浮腫んでくるなどの症状からも、理解しやすいだろう。だが、水平に寝続けても、我々の健康維持は難しい。寝たままでは体を動かすことはできず、食事においても消化に問題を及ぼすだけではない。

 例えば、NASA(米航空宇宙局)では宇宙飛行士を訓練したり、健康状態の変化を調べるために、ヒトを横に寝せて、頭の位置を上下させるなど、さまざまな実験を行ってきた。そして、頭を下げるだけでなく、体を水平に維持するだけでも、退化的な変化が起こることを確認している。長期床に臥してしまうと、なかなか病気から回復できない現実からも想像がつくように、体を横にした状態が維持されると、我々は健康を害するのである。

 そこで、フレッチャー氏は傾斜ベッドというアイディアに導かれたわけだが、いったい、どのぐらいの傾斜が適しているのだろうか。

 フレッチャー氏は実験を行っている。水を満たしたループ状の管(チューブ)を傾斜ベッドに置いて、いかに循環するかを観察したのである。管の接合部分を高い頭の位置に合わせ、そこに着色した食塩水を注いだ。イギリスのスタンダード・ダブルベットの頭側を10センチ持ち上げると、食塩水はループの片側を下向きにチューブの底に沿って流れた。真水は同じ側でその上を流れた。すなわち、一つの管の中で二方向の流れが生み出されたのだ。頭側を12.5センチ持ち上げると、完全に1周する循環が生まれた。そして、最善は傾斜角5度を生み出す15センチ持ち上げた時だった。実際に体験してもらうと、その角度においては、静脈瘤が4週間で消えるなど、循環にポジティブな変化を確認できたのだ。

 フレッチャー氏の考察に異論のある専門家もいるだろうが、こんな実験結果があるとなると、重力がもたらす影響は無視できないようにも思われる。もし、我々が地球とは重力の異なる惑星で暮らしていれば、理想的なベッド傾斜角は違ったものになるのかもしれない。

●古代エジプト人はIBTを実践していた?
 
 ところで、古代エジプトのファラオたちは、傾斜ベッドを愛用していた。それは、彼らの墓で発見されたベッドから窺い知れ、博物館でも確認できる。それらのベッドを見ると、船底形に曲線を描いているものもあり、傾斜角の計測は難しい。だが、頭のほうが高くなっており、低い足のほうには体がずり落ちるのを防止するガードが付いていることがわかる。

 フレッチャー氏は、古代エジプト人は健康のために傾斜ベッドを使用していたに違いないと確信した。そして、ボストン美術館の学芸員に収蔵品である古代エジプトのベッドの傾斜角を測るように頼んだ。そして、わかったのは、頭側がなんと15センチ持ち上げられていたことであった。

 ここで、病院や一般家庭においても、二つ折り、又は三つ折りの構造で、上体を起こせるベッドが普及しているではないかと思われる読者もいるだろう。確かに、それらのベッドにおいては、上体を起こせるメリットがいくらか得られる可能性はあるものの、IBTにはまったく及ばないとフレッチャー氏は言う。下半身を含めた全身が適度に傾いて初めて、全身での循環が起こる。また、ベッド全体が傾斜していれば、寝返りを打てるだけでなく、床ずれも防ぐことができる。そこに効果の違いが現れるようである。

 さて、肝心の利用にあたり、唯一難しい問題がある。それは、体がずり落ちてきてしまうことである。滑らないシーツを利用して、足元に滑り止めをつくるなど、いくらか工夫を要するかもしれない。また、慣れるまでの2週間程度は、ずり落ちないように無意識に体を動かすことで、むしろ筋肉痛や肩こりを起こすこともあり得るという。

 そして、多くの人々が体験する変化は、排尿が促されることである。IBTを始めると、より多くの老廃物が血液から取り除かれるようになり、尿は濃くなるという。そして、水分が多く排出されるため、水分補給はこれまで以上に求められるようになるとされる。
また、理学療法士、栄養士、そしてトラウマ解放セラピストのケン・ウゼル氏によると、奇しくも感情的なトラウマが3〜4週間で解放されるようになり、健康面で改善がみられるようにもなるという。

 フレッチャー氏の調査によると、概してIBTで睡眠をとる人々は1分間で心拍数を10〜12回、呼吸の回数を4〜5回減らすが、循環は増すという。そして、20年以上研究を行ってきた経験から、IBTは循環、代謝、免疫力を高めるがために、さまざまな病気や怪我の回復に幅広く効くのだとフレッチャー氏は考えている。

 とはいえ、フレッチャー氏は医師ではなく、IBTによるビジネスもまったく考えていない。そのため、多くの人々がIBTによって健康を取り戻しているものの、医療の専門家はほとんど相手にしていない。開発された医薬品や治療法は、開発者、研究機関、製薬メーカーが協力して利益を上げられる体制が整ってはじめて大々的に宣伝され、普及していくものである。かかわる人々がなんらかのかたちで利益を上げられるような療法でなければ、協力するメリットはない。2000年にIBTについて報じたテレビニュースにおいて、そんなジレンマも指摘されていた。

 布団では難しいかもしれないが、ベッド利用者であれば、簡単に試すことができる。この機会に読者も検証してみてはいかがだろうか。
(文=水守啓/サイエンスライター)