7日、韓国メディアによると、大気粒子状物質の中には人体に深刻な疾病をもたらす可能性がある多様な重金属が混ざっているが、その中には黄色いペンキの原料として使われる6価クロムという発がん物質も含まれていることが分かった。写真は韓国。

写真拡大

2016年11月7日、韓国・KBSによると、大気粒子状物質の中には人体に深刻な疾病をもたらす可能性がある多様な重金属が混ざっているが、その中には黄色いペンキの原料として使われる6価クロムという発がん物質も含まれていることが分かった。

大気汚染に悩む韓国で、ある研究チームが大気中の粒子状物質を特殊な顕微鏡で観察した結果、車の排気ガスから出るすすの中に、粒子状物質の大きさの70分の1に過ぎない小さな粒「クロム酸鉛(重金属である鉛と6価クロムが結合したもの)」が見つかった。6価クロムは国際がん研究機関の「1郡発がん物質」に分類される物質で、黄色いペンキの原料として広く使われている。道路の車線には黄色いペンキがよく使われているため、車が通過するたびにペンキの成分が空気中に拡散するのだという。また、黄色いペンキは公園の遊具や幼稚園の通園バスなどにも多く使用されている。

研究チームは「大気粒子状物質から検出された6価クロムはすぐに人体に影響を及ぼす量ではないが、長時間さらされる場合は危険だ。環境にやさしいペンキを使用するなど対策が必要だ」と指摘した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「大気汚染の主犯は中国ではなく黄色いペンキということ?」
「この前はサバの塩焼きが犯人と言っていたよね?韓国の研究チームは本当に無能で情けない」
「サバに共犯者がいたということか…」

「いっそ『国民は全員韓国から出ていけ』と言ってくれ。そうすれば大気汚染の悩みは解決する」
「次は大統領府の前で行われている『ろうそくデモ』のろうそくから出る粒子状物質が主犯という記事が出るだろう」

「それなら早く、道路の車線を全て消して。国民はサバを我慢しているのに、全く改善されていない」
「国民の心を怒りで真っ黒に焦がした政府に原因があるとは考えないの?」(翻訳・編集/堂本)