乃木坂46が「週刊ザテレビジョン」の東西2パターン表紙に再登場。グループからの卒業を発表した橋本奈々未、さらに生駒里奈、齋藤飛鳥の新旧センターが勢ぞろい!/撮影=西村康

写真拡大

11/9(水)に16thシングル「サヨナラの意味」をリリースする乃木坂46が、同日発売の「週刊ザテレビジョン」46号表紙に2度目の登場。今回の表紙は、東日本版と西日本版の2パターン刷り分け表紙のSPバージョンで、両面ピンナップも付いてくる豪華版!

【写真を見る】橋本ら3人は冬らしくダッフルをまとってのほっこりキュートなグラビアも!/撮影=西村康

今回は、乃木坂46からの卒業を発表したばかりの橋本奈々未をはじめ、生駒里奈、齋藤飛鳥という、新旧センターの3人が勢ぞろい。卒業前の橋本と、生駒&齋藤との“絆を確認する”というテーマで、3人がくっついて1つのマフラーを掛けたり、糸電話で話したりと、“絆グラビア”を撮影。また、冬らしく、赤のダッフルコートをまとったキュートな3人の姿も披露している。

3人の座談会では、橋本が卒業への思いを明かしたり生駒&齋藤が橋本へメッセージを送っている。さらに、橋本と生駒、橋本と齋藤のそれぞれのペアトークでは、2人だけの思い出や卒業前までにやりたいことなどを語り合っている。

東日本版の表紙写真は、クールに黒ニットのノースリーブ、西日本版表紙は、清楚に白のゆるふわニットで撮影。本誌表紙に初登場となる齋藤は「わ〜い、レモンだ!」と初々しい反応を。撮影合間には、橋本をはじめ、メンバーがレモンの匂いをクンクンかいだりするなど、レモンにも興味津々。

また、東西2パターンの衣装をまとったメンバーそれぞれの直筆サイン入りポラ写真のプレゼントもお見逃しなく!