チリ代表に痛手、サンチェスが軽度の筋肉損傷でコロンビア戦欠場へ! ウルグアイ戦は回復次第…

写真拡大

▽チリサッカー連盟(CFF)は8日、FWアレクシス・サンチェス(アーセナル)が8日のトレーニング中にふくらはぎを負傷したことを発表した。

▽CFFの声明によると、サンチェスは8日に行われたトレーニング中にふくらはぎの筋肉に軽度の損傷を負ったという。そして、10日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選、コロンビア代表とのアウェイゲームを欠場することになった。

▽サンチェスは、このままサンティアゴに残って治療を続け、15日にホームで行われるウルグアイ代表戦での復帰を目指すことになる。

▽なお、チリはW杯南米予選第10節終了時点で大陸連盟間プレーオフ出場圏内の5位に位置している。