人魚&人間のラブロマンス
も紡ぎ、意外なラストへ… (C)2016 The Star Overseas Limited

写真拡大

 「少林サッカー」「カンフーハッスル」「西遊記 はじまりのはじまり」などで知られるチャウ・シンチー監督最新作「人魚姫」の予告が、このほど完成した。絶滅の危機に瀕した人魚族と環境破壊を続ける人間たちの戦いと、ラブロマンスを描いた今作。映像は人魚たちのビジュアルもさることながら、“シンチー節”ともいえるギャグ満載の仕上がりとなっている。

 若き実業家リウ(ダン・チャオ)はリゾート開発のため、自然保護区域の埋め立てを決定。環境破壊で絶滅寸前の人魚族は日常を取り戻すべく、美しいシャンシャン(リン・ユン)を人間に化けさせ、リウ暗殺を命じる。しかしシャンシャンとリウは互いに惹かれ合い、つのる思いとは裏腹に激化する武力戦に巻き込まれていく。

 香港映画界の鬼才シンチー監督が、新作の主役に選んだのは可憐な人魚。人間のエゴを手厳しく批判する一方で、随所に笑いを盛り込むことも忘れず、老若男女が満足できるファンタジー作品を完成させた。約12万人のオーディションを勝ち抜いた新人女優・ユンが人魚のシャンシャンに扮し、「ヒロインは必ずブサイク顔で登場させるべし」というシンチー監督のこだわり通り、劇中では破壊的なルックスも披露している。

 「人魚姫」は、2017年1月7日から東京・シネマート新宿ほかで、「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として公開される。