伊藤淳史演じる佐久本勝とシナモン(主人公の元に最初に現れる猫)/(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

写真拡大

庭先に訪れるネコたちを眺めて楽しめるという、'14年10月にリリースされたスマートフォン向けのゲームアプリ「ねこあつめ」。最近のネコブームもあってか、“ネコあるある”を盛り込んだゲームはファンが急増し、なんと1900万もダウンロードされた。そんな人気ゲーム「ねこあつめ」が「ねこあつめの家」と題し、伊藤淳史主演で映画化され、来年公開されることが分かった。

【写真を見る】キュートなしぐさでキュンキュンさせるネコたち/(C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

伊藤演じるスランプ中の小説家・佐久本勝は、心機一転のどかな土地に移住するも、なかなか調子が出ない。そんな彼の元に、1匹のネコ・シナモンがやって来る。ネコたちと過ごす何気ない時間の中で、生まれる心の変化を描く。

劇中には新人からベテランまで、多くのネコが登場! ネコ好きにはたまらないネコのしぐさや、表情が満載で胸キュン必至!

伊藤は佐久本について、「作家として悩み、苦しみ、自信を無くしていたときに、猫と出会い、人生が変わっていくという役柄です」と語る。

また見どころを「猫が佐久本を変え、大切な人を大切だと気付かせてくれ、未来を感じられる作品になっていると思います。僕自身、現場でネコと触れ合い、とても癒やされ、元気をもらいました。命ある存在は、やはり不思議な力を持っていて、希望を与えてくれると、心から感じました。世代を問わず、あらゆる方に見ていただきたいと思っています。見終わった後、心が温まり、今日よりも明日を見詰められるようになる、そんな作品になってると思います」とアピールした。