伊藤淳史とネコのシナモン (C)2017 Hit-Point/
「映画ねこあつめ」製作委員会

写真拡大

 累計1900万ダウンロードを突破したスマートフォン向けゲームアプリ「ねこあつめ」が、「ねこあつめの家」のタイトルで実写映画化されることがわかった。「映画 ビリギャル」「ボクは坊さん。」の伊藤淳史が主演し、2017年に全国公開される。

 14年10月にリリースされた「ねこあつめ」は、庭先に訪れるネコたちをながめて楽しむアプリ。シンプルなゲーム性ながら、“ネコあるある”を盛り込んだ内容が人々を魅了し、アメリカのニュース専門放送局「CNN」で取り上げられるほどの人気を博している。

 映画では、スランプに陥った若き小説家・佐久本勝を主人公に据え、のどかな土地で繰り広げられる小説家とネコの穏やかな時間をつづる。「映画 ビリギャル」で第39回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞に輝いた伊藤が佐久本に扮し、CHOYA梅酒「うめほのり」CMなどに出演したシナモンのほか、新人からベテランまで数多くの“ネコスター”が共演する。

 自らの役どころについて、伊藤は「作家として評価され新人賞を受賞したものの、その後なかなか力を発揮出来ず、悩み、苦しみ、自信を無くしているところに、ネコと出会い人生が変わっていくという役柄です」と語る。そのうえで、現場を「ネコと触れ合い、とても癒され元気をもらいました! 命ある存在はやはり不思議な力を持っていて、希望を与えてくれると心から感じました」と振り返っている。

 メガホンをとる蔵方政俊監督(「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」など)は、今作を「小説を書くことに行き詰まってしまった主人公がネコを眺める物語です」と説明。そして「ネコたちと過ごす何げない時間のなかで、主人公の心のなかにはいろいろな変化が生まれます。その気持ちの移ろいを丁寧に描きました」と明かし、「主人公と一緒に、ゆったりとした気分でネコたちをながめて頂けますと幸いです」と呼びかけている。