東京株式市場では8日、大成建設<1801.T>株が軟調な展開となっている。共同通信などの国内メディア報道によれば、8日早朝に福岡市博多区のJR博多駅前で道路が大きく陥没した。共同通信によれば、陥没は徐々に広がり、午前10時現在では、長さが約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートルに達したという。

 道路の地下では地下鉄七隈線の延伸工事が行われており、7日にも作業が行われ地下水が出ているとの情報があったという。

 福岡市交通局によると、けが人はなく、原因については調査中としている。工事の落札業者は大成建設を含む共同企業体との観測もあり、売り材料となっている。

[東京 8日 ロイター]




Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます