アニメ「終末のイゼッタ」第1話から第5話までの振り返り一挙放送がAbemaTVで決定!/(C)終末のイゼッタ製作委員会

写真拡大

AT-Xより順次放送中のアニメ「終末のイゼッタ」(毎週土曜深夜1:30-2:00ほか、TOKYO MXほか)の一挙放送が決定。AbemaTVでは、11月8日(火)夜10時より第1話から第5話までの振り返り放送を配信する。

【写真を見る】第1話では、隣国での秘密会談へと向かうエイルシュタットの公女フィーネが、列車内でゲルマニア憲兵に追われるうちゲルマニアの特務に属するベルクマンと遭遇/(C)終末のイゼッタ製作委員会

本作は欧州を舞台に、魔女の一族の少女と公女の友情と戦いを描く。

西暦1939年、帝国主義国家ゲルマニア帝国が隣国へ侵攻し、その戦火は欧州全域に拡大。小国エイルシュタット公国の公女フィーネ(CV.早見沙織)は元首である病気の父に代わり、侵攻に備え奔走する中、祖母と共に欧州各地を旅する魔女の末裔(まつえい)のイゼッタ(CV.茜屋日海夏)と出会う。

【第1話『たたかいのはじまり。-Der Anfang der Schlacht-』/10月1日放送】

エイルシュタットの公女フィーネは、軍事大国ゲルマニアによる侵略を未然に防ぐため、2人の護衛と共に身分を隠して列車に乗り、隣国ヴェストリアでの秘密会談へと向かっていた。しかし、車内で臨検を行なっていたゲルマニアの憲兵に素性がばれて追い詰められてしまう。

【第2話『傷痕と、銃声と-Mit Narben und Schussen-』/10月8日放送】

ゲルマニアの輸送機から脱出したフィーネとイゼッタは、国境を越えてエイルシュタットに戻ろうとするが、ゲルマニアのエースパイロット・バスラー大尉(CV.細谷佳正)の編隊に発見されてしまった。イゼッタはフィーネを守るため、祖母の言い付けを破り、魔女の力で戦うことを決意する。

【第3話『天翔る剣-Das Schwert des Himmels-』/10月15日放送】

廃棄された館に避難したフィーネたち。イゼッタは、エイルシュタットを守るために自分が戦うと進言するが、フィーネはイゼッタを巻き込みたくないと断る。そんなさなか、エイルシュタット防衛の要であるケネンベルク要塞(ようさい)が、ゲルマニア軍の激しい爆撃を受けているとの知らせが届く。

【第4話『魔女の秘密-Das Geheimnis der Hexe-』/10月22日放送】

イゼッタの力で、ケネンベルク要塞に侵攻してきたゲルマニア軍は退けることができた。しかし、病に伏せっていた大公ルドルフ(CV.森川智之)が勝利の知らせを聞いた直後に崩御。宮殿に戻ったフィーネは物言わぬ父との再会に涙する。同じ頃、ゲルマニアの皇帝オットー(CV.山寺宏一)の下にもケネンベルクの戦いの報告が届いていた。

【第5話『いつわりの奇跡-Das falsche Wunder-』/10月29日放送】

イゼッタとフィーネは共に力を尽くして、「みんなが明日を選べる国」を作ることを誓い合う。そして、フィーネの大公即位式、多くの国民や各国のマスコミが見守る中で、イゼッタはライフルにまたがって空を飛び、無数の剣を操って魔女の力を披露。エイルシュタットの白き魔女の存在は世界へ知れ渡った。

なおAbemaTVでは、第6話は11月9日(水)深夜1時30分より放送となっているので、見逃した人も一度見た人もテレビ放送と合わせて楽しめる!