デザインした靴を手渡されて喜ぶ受賞者

写真拡大

11月8日、都内で「日本シューズベストドレッサー賞」の記者発表が行われ、受賞した栗原類、鈴木奈々、渡辺裕之が出席。それぞれがデザインした靴が発表された。

【写真を見る】革の匂いが好きな鈴木奈々は匂いを嗅ぎながらコメント

鈴木は「靴が本当に大好きなので、ことし一番幸せです!」と受賞についてコメント。自身がデザインした靴については「色気のある、旦那さんに愛される女性をイメージしました。旦那さんにもっと愛されたいので。(靴を見せたら)抱いてくれると思います(笑)」とにっこり。

夫婦共に革の匂いが好きということで「興奮してくれると思います。(匂いを)嗅ぎに来ると思います!」とラブラブな関係をアピールした。

そして、妊娠について聞かれると「予定はまだなくて…自然に」と話す鈴木に、「練習とかはしないんですか?」と栗原から衝撃のツッコミが。

会場が爆笑に包まれる中「練習してます(笑)。…え! 本当に分かってる?」と戸惑いながらも答えた鈴木。最後には「練習したら(栗原に)報告しまーす!」と笑顔でまとめ、会場を後にした。