『美女と野獣』 (C)2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

1991年に公開され、全世界で愛され続けているディズニー・アニメーションの名作を実写化する『美女と野獣』の新画像が公開になった。エマ・ワトソン演じるベルと、父親モーリスが登場するシーンの画像だ。

その他の画像

本作は、知性にあふれ、心が美しい女性ベルと、恐ろしい見た目の野獣が出会うことから始まるラブストーリー。本作は、ディズニーが傑作アニメーションの世界観やドラマ、魅力を活かしながら実写化するもので、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンが主演を務め、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンスらが出演する。

公開された画像の机の上に置かれているのは、発明家の父モーリスが開発したもので、彼は村では“変わり者”といわれているらしい。しかし、娘のベルは周囲の声に惑わされることなく、父を愛し、誇りに思っている。主演を務めるワトソンが「ベルは、自分の考えをはっきりと話す活発な女の子」と分析する通り、彼女は愛らしいルックスだけでなく、どんな状況でも相手をより深く見て、自分の考えで行動できるところに最大の魅力がある。その結果、彼女は恐ろしい見た目の野獣の“内面”をまっすぐに見つめることになる。

『美女と野獣』
2017年4月21日(金) 全国公開