写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝は11月8日、2016年3月に決定した3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH」の生産拡大を目的とした四日市工場(三重県四日市市)の新製造棟の建設について、2017年2月に着工すると発表した。

新製造棟では、3次元フラッシュメモリ固有の製造工程を行う予定。市場動向を見極めながら最適な生産スペースを確保する観点から、2期にわけて建設する計画で、2017年2月からは第1期分を建設する。竣工は2018年夏の予定。新しく建設する製造棟は地震の揺れを吸収する免震構造を採用するとともに、LED照明の全面展開や最新の省エネ製造設備の導入など環境面にも配慮するほか、AIを活用した生産システムの導入により生産性を向上させる。なお、具体的な設備導入・生産開始の時期、生産能力、生産計画などは、市場動向を踏まえ、今後決めるとしている。

また、同工場内に分散していた開発部門を集約した、開発センターを新製造棟の隣接地に建設する。同センターでは、3次元フラッシュメモリや新規メモリの開発を行う。

(神山翔)