toyblock-phone.png

写真拡大

 中国の家電メーカー小米科技(シャオミ)は、ブロックのパーツを組み立てるとロボットになる玩具「シャオミ・トイ・ブロック」を発表した。ニュースメディア「マッシャブル」などが報じている。

「レゴ風」の組み立てロボ、変形も可能

 トイ・ブロックは中国で11月11日、499元(約7700円)で発売される予定だ。「レゴ」ブロックの玩具のように、ブロックのパーツを組み立てると完成するロボットで、両腕が機銃のようなデザイン、両足部分にモーターとタイヤを装着したスタイルが基本形。ほかに、二足歩行の恐竜のスタイルや、双発プロペラ機のスタイルにも"トランスフォーム"できる。


スマホで操作、プログラミングにも対応

 心臓部には32ビットの「ARM Cortex-M3」チップを搭載。ジャイロスコープなどのセンサー群を備え、自立姿勢を保つほか、複数台のロボットで協調的な行動にも対応する。

 アンドロイドOS版の専用アプリが提供され、スマートフォンやタブレットを使ってトイ・ブロックを遠隔操作できる。ジョイスティック・モード、ジャイロ・コントロール、パス・モード(画面上に指で線を描いて走行コースを指定)という3種類の操作モードが用意されている。

 さらに、このアプリでは、ロボットの動きをプログラムできる。さまざまな動きのプログラムがモジュール化され、これらのモジュールを画面のGUI上で組み合わせることで、より複雑な動きを指示できるという。

【参考記事】スター・ウォーズの球形ロボトイも作ったスフィロ社の教育向けロボット

過去にはハスブロとコラボした「トランスフォーマー」も

 シャオミは今年5月、米玩具メーカーのハスブロと提携し、同社製タブレット「Mi Pad 2」を模した平板の形状から、『トランスフォーマー』のキャラクター「サウンドウェーブ」に変形する玩具を発売した(ただしタブレットの機能はない)。


 同社はほかにも、「ルンバ」に似た掃除ロボットや、「セグウェイ」のような立ち乗りスクーターなども販売している。
【参考記事】「テック界の無印良品」シャオミは何がすごいのか

高森郁哉