「劇場版マジェスティックプリンス」に登場する
レッドファイブプラス(上)とホワイトゼロ(下)

写真拡大

 テレビアニメ「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」のその後を描く「劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子」に登場するロボット「AHSMB(以下アッシュ)」の、新型2機体の設定画が公開された。

 「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」は、アッシュを駆り、謎の勢力「ウルガル」と対峙するヒタチ・イズルら少年少女5人組「チームラビッツ」の戦いを描いたSFロボットアニメ。劇場版では、ウルガルの皇族らしき謎の機体に率いられた残存兵力が地球に再度侵攻を開始するなか、テレビアニメ版最終話で重傷を負って昏睡状態に陥ったイズルを欠いたチームラビッツの戦いを描く。

 新たに発表された機体のうち、レッドファイブプラスは、イズルの機体で、テレビシリーズ最終話で破壊されたレッドファイブをチューンアップし、高速飛行形態への可変機能も搭載した新型機。もう1機のホワイトゼロは、チームラビッツのメンバーが搭乗する5機のアッシュのプロトタイプといえる機体。戦闘能力が高く非常にハイスペックな反面、操縦は非常に困難で地球の地下シェルターに眠っていることが、第25話「未来への翼」で判明している。

 また、レッドファイブプラスが描かれた、11月9日に発売される主題歌「消えない宙(そら)」のCDのジャケットイラストも公開されている。

 「劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子」は、11月14日から2週間限定で全国公開。